ホーム > 中古住宅購入・リフォームに使えるノウハウ > 中古住宅購入者に補助金

中古住宅購入・リフォームに使えるノウハウ

中古住宅購入者に補助金

平成29年1月13日のニュースです。

中古購入40歳未満、住宅改修最大65万円補助 

国土交通省は、中古住宅を購入し、省エネや耐震改修などのリフォーム工事を行った人に、

最大で65万円を補助する新たな制度を作り、2月にも申請の受け付けを始める。

 補助対象を40歳未満に絞り、子育て世帯など若年層の住宅取得を後押しする。

中古住宅やリフォーム市場を活性化させ、空き家の増加に歯止めをかける狙いもある。

 対象となるのは、中古住宅を購入した40歳未満の人で、専門家に建物の

劣化状況などを検査してもらう「インスペクション(住宅診断)」を受けることなどが条件だ。

住宅診断と省エネリフォームにかかる費用について最大で50万円を補助し、

耐震改修を行う場合はさらに15万円が上乗せされる。

補助金は宅建業者などが住宅購入者に代わって国に申請し、

購入代金から補助額を差し引く仕組みだ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

国も、中古住宅購入に対して本格的に力を入れ始めています。

インスペクションをしているので安心というのも、購入者に対して良い材料だと思います。

ますます、中古住宅の需要が今後増えていくと思います。

購入も売却も、まずはお気軽にご相談下さい。

 


24時間
受付

来店予約受付中!

簡単フォーム入力30

クオカードクオカード500円分
もれなくプレゼント

来店予約はこちら

中古住宅物件数

  • 一般公開
  • 会員限定
  • 無料会員登録で全ての中古住宅が見れます

    無料会員登録
    以下のご希望の条件を選択して物件検索ボタンを押してください

    市区町村


    価格

    ページの先頭へ
    掲載の情報・画像等全てのコンテンツの無断複写・転載を禁じます
    来場予約でクオカードプレゼント クオカード

    500

    今すぐ
    予約する