ホーム > 中古住宅購入・リフォームに使えるノウハウ > 空き家の売却で最大600万円の節税

中古住宅購入・リフォームに使えるノウハウ

空き家の売却で最大600万円の節税

空き家問題に国を上げて取り組む姿勢が強まっています。

2016年度の税制改正で一定の条件を満たせば、相続などによって手に入れた空き家を売却して入った所得(売却益)の特別控除が受けられるようになりました。

その結果、最大で約600万円もの節税になります。

これまで、相続などで手にした空き家を売却すると、譲渡所得にかかる税金が相続をした人の大きな負担となっていました。

国税庁のホームページによりますと、売却益の約20%が所得税+住民税として課税されますが、売却益から最大3000万円控除されます。

例えば、取得時の不動産価格が500万円、譲渡する際にかかる手数料などの費用が100万円、売却価格が4000万円だったとします。

すると、4000万円-(500万円+100万円)=3400万円

ここから特別控除3000万円を引くと、課税所得は400万円ですので、税金は400万円×20%として80万円です。

もし、3000万円の特別控除がなければ680万円にもなります。

そうしますと、600万円も余計に払わなければならなくなります。

特別控除を受けられる条件は色々ありますので、もし相続によって売却を検討されている方がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談下さい。


24時間
受付

来店予約受付中!

簡単フォーム入力30

クオカードクオカード500円分
もれなくプレゼント

来店予約はこちら

中古住宅物件数

  • 一般公開
  • 会員限定
  • 無料会員登録で全ての中古住宅が見れます

    無料会員登録
    以下のご希望の条件を選択して物件検索ボタンを押してください

    市区町村


    価格

    ページの先頭へ
    掲載の情報・画像等全てのコンテンツの無断複写・転載を禁じます
    来場予約でクオカードプレゼント クオカード

    500

    今すぐ
    予約する